NPO住宅地盤診断センター

お問い合わせ

手続きの流れ

手続きの流れ

保証お申込み

地盤保証申込書
地盤調査申込書

地盤調査お申込み時に地盤保証のご利用が決定している場合は、「①地盤調査申込書」の地盤保証欄、①PLUS ②PLUS-L ③安住 からご選択いただきお申込みください。
地盤調査お申込以降に地盤保証のお申込みをされる場合は、「②地盤保証申込書」に必要事項をご記入の上、①PLUS ②PLUS-L ③安住 からご選択ください。
※お電話でのお申込みも受け付けております。
(地盤調査報告書記載の物件名又は物件番号をご準備ください  TEL:03-3947-5800)

地盤調査

表面波探査

地盤保証のご利用にあたっては、NPO住宅地盤診断センター会員企業が行う表面波探査法による地盤調査(支持力・予測沈下量調査)が必要となります。また、地盤調査報告書には、ビイック株式会社による基礎考察が添付されていることが必要です。さらに、基礎考察に従った内容の設計・施工を行っていただくことが保証の条件となります。
なお、適切な地盤調査を行うために障害となる要因がある場合、障害要因を排除した後に地盤調査を行うことが必要です。
※障害要因の例:既存構造物が存在する場合、調査後に盛土・切土・埋戻しなどの造成予定がある場合、樹木を抜く場合、建物配置内にコンクリートが存在している場合、埋設物を掘り起こす場合、など。

地盤調査後

PCメモ

地盤保証ご加入にあたっては、以下の点にご注意ください。ご不明な点は事前にお問い合わせ下さい。

  1. 調査後に設計内容の変更があった場合
    配置変更、盛土厚の変更等、設計変更があった場合には、施工前に必ず弊社までご連絡ください。
  2. 地盤の再調査が必要な場合
    (配置変更・調査後の盛土・表層地盤改良・部分改良・砕石置換等の判定の場合)再調査(表面波探査法による再度の地盤調査)が必要です。再調査を行っていない物件は保証できません。
  3. 地盤補強工事を行った場合
    表層地盤改良・ジオクロス・鋼管杭等の地盤補強工事を行った場合、工事報告書を弊社までお送りください。また、小口径鋼管杭等、杭形状の地盤改良を行う場合は、「改良工事に関する覚書」の取り交わしが必要となります。
  4. 地業(転圧・砕石地業)の際の写真撮影
    床付け面の転圧や砕石事業を行う際は、必ず施工写真を撮影し、工務店様・ビルダー様にて保管してください。

保証書発行

保証書サンプル

保証書に記載希望の物件名と住所が確定した時点で、「各保証書発行申請書」をお送りください(再発行には手数料¥2,000(税別)が生じます)
「各保証書発行申請書」には、社印又はご担当者印をお願いいたします。
保証加入条件を充たしていることの確認後、弊社より「保証書」及び「賠償責任保険契約証明書(PLUS,PLUS-L)」をお送りいたします。
保証期間は引渡し日から満10年間、又は満20年間です。期間中、保証書は紛失しないよう大切に保管してください。
※「地盤保証書」「賠償責任保険契約証明書(PLUS,PLUS-L)」発行はご入金確認後となります。予めご了承ください。

地盤保証

既存住宅地盤保証

ページのトップへ戻る